マイアンサーアーティスト/マイアンサーコーチ/マイアンサーファシリテーター

100パーセントキャッシュレス時代は これから何年くらいで到来しますか?

マサ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
マサ
『人生をおもしろく遊ぶ』をテーマに仕事をつくる、遊びをつくる、食をつくるなどのテーマで発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

草刈正年の問い問答。

草刈への問いに対し、僕が今思うことを書かせてもらいます。

今日はこちら。

100パーセントキャッシュレス時代は これから何年くらいで到来しますか?

 

僕は預言者でもなんでもないので
何年くらいで到来するかはわかりません。

この質問で何を求めているのかはわからないけど、
これを読んで今感じたのが、

キャッシュレス時代を恐れているのか
キャッシュレス時代に期待しているのか?

 

新時代を恐れるのか?期待するのか?

 

この思考の持ち方で人生は変わる。
そんな話を伝えたいと思いました。

 

時代は変わり思ってもみないキャッシュレス時代になる

20年前。

電話回線でパソコンからインターネットに接続し、
世界中から自由に集められた情報源に、
世界中どこからでもアクセスできるという世界に驚愕したと思います。

それがまさか20年後。

スマホというものがあり、
老若男女が今この瞬間、いつでも、どこでも、
インターネットに接続して情報を見ることができ、

インターネットでの買い物があたりまえになり、
様々な予約までできたり、グーグルマップで世界中の道が見れる。

そんな世界が来るとは思ってもみなかったですよね。

 

20年前。

「私はパソコンとかIT系は苦手だから
私はやらなくていいや。」

そう言っていた人たちも、
今日ここまでくると、スマホはもたなくても、

パソコンはあって、書類を作ったり、何かの予約や買い物をしたり、
そんなことをするようになっている人はいると思います。

 

それこそ、電車の切符があたりまえだった時代が、
今や都会の改札機は10個あったら1つしか切符を通せる改札機がありません。

時代は進むし、進めば今の時代のスタンダードが
どんどん生まれてきます。

だから僕はこう伝えます。

 

『新しい世界を恐れず億劫がらずに楽しめ』

 

 

苦手だからこそ新しいキャッシュレス時代をチャンスととらえる

電子機器が苦手。
キャッシュレス時代になったらそんな自分はどうなるんだろう?

もしそう思っているのなら、

 

電子機器が苦手。

『だからこそチャンス!』

キャッシュレス時代という未知な時代になったら、
どんなおもしろいことが起こるだろう?

 

クレジットカード、
カソウツウカ、
PayPal,PayPay、

横文字でカタカナやアルファベットばかりでなんか怖いけど、

 

でも、それを勉強して知ってみたら
スゴイ可能性に溢れているかもしれない!

 

「PayPalを使えば、日本を超えて世界の人を自分の仕事のお客さんにできる!」

「もう重たい財布を持つこともなく、さらに身軽に生きれる!」

「いつか世界で1つの貨幣になって、いちいち両替せず、
もしかしたら国境もなく、自由に世界中を簡単に行き来できる時代が来るかも!」

 

強して知ってみると、そこには不安や恐怖よりも
可能性と期待がたくさんある。

 

 

未来のまだ見ぬ時代を感じるなら、
不安や恐怖より、可能性と期待を見よう。

 

それを選択しよう。

 

キャッシュレス時代が来ても残るものは残る

僕の見解では、キャッシュレス時代は近年に来ると思う。

僕の住む田舎のスーパーでも昨年リニューアルし、
電子マネーが使われ始めて、キャッシュレスになってる。

切符がsuicaになって楽になったけど、
僕は今はsuicaすら持ってない。

スマホで電車も新幹線も飛行機も乗ってる。

 

思えばインターネットで買い物をほとんどするから、
僕が現金を使う時は一部の外食や
コミュニティーマーケットでの買い物の時くらいだ。

これからもっともっとスタンダード化してくると思う。

 

だから、今までのコインやお札という見えている
安心と安全な領域から勇気をもって飛び出してみるといい。

まずは知ること学ぶこと。

知らずに学ばずに、ただ不安や恐怖を持ってるのはもったいない。

 

僕はアナログの良さがあると思うから、
そう簡単にお金はなくならないと思う。

友達のお店や友達の商品にお金を払う時、
封筒に入れて気持ちを込めて払いたいなーって僕は思う。

切符もなくなってないし、
僕らが生きてる時はなくならないかもしれないけど、わかんない。

 

でも新しい時代を感じた時、
恐れずに期待すること。

知らないで不安にならず、
知ってみること。

これをやれば、余計な恐れや不安はこの世からなくなります。

この記事を書いている人 - WRITER -
マサ
『人生をおもしろく遊ぶ』をテーマに仕事をつくる、遊びをつくる、食をつくるなどのテーマで発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© RE:TRSUT(リトラスト)草刈正年(くさかりまさとし)のブログ , 2018 All Rights Reserved.