リトラストアーティスト/リトラストコーチ/リトラストコンサルタント

生き方を幸せするわからない人生を変える見本採集

マサ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
マサ
『人生をおもしろく遊ぶ』をテーマに仕事をつくる、遊びをつくる、食をつくるなどのテーマで発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

昨日

フィンランドのヘルシンキにある
お寿司屋の看板デザインの仕事依頼で
フィンランドの暮らしと生き方を知りました。

 

その土地を知る。

その土地における生き方を知る。

 

生き方は人の数だけあっていい。

今日は自分らしい生き方がわからないという人へ、
人生を幸せにする生き方をお伝えします。

 

生き方に正解も不正解もない

生き方は人の数だけ存在する。
そして、生きるには無数の地がこの地球にあります。

住む地を選び、そこでの生き方を選ぶ。
これが自分の生き方になっていきます。

 

今いる地で、どう生きようと、
そこには正解も不正解もない。

そう僕は思います。

 

先祖や両親の縁でその地にいたり、
はたまた自分で決めてその地に住んでいるのかもしれません。

その地で何をしていようと、
生き方に正解も不正解もない。

あるのは、

 

今自分が居心地がいいかどうか?

 

それを感じる感覚をもって、
その居心地バロメーターが高いかどうか?
それを見極められていることが大事だなーと思います。

生き方の見本を採集する

今の居心地バロメーターが低い!
なんか違和感を感じる。落ち着かない。
そんなことを今感じているのであれば、

もしかしたらその地で、
その生き方で、
自分が学ぶべきこと、やるべきことをやって、
次の成長のステージに行くタイミングなのかもしれません。

はたまた、
もともとその地とは合わず、
もともとその生き方とは合わず、
自分らしい生き方がわからずここまで来たのかもしれません。

 

今の生き方に違和感がある場合は、

生き方見本採集をしてみてください。

 

人の数だけ生き方はあります、
色々な生き方を知るだけで、選択肢や考えは広がります。

生き方見本採集とは色々な人に出会うこと。
そして、その人の今までの生き方を聞いてみること。

これによって、自分の中にある生き方見本の本の
中身が増えて、自分で選択したり、そこから派生した生き方を
つくっていくことができるようになります。

 

僕は恥ずかしながら、会社に入社3年目まで
小学校、中学校、高校、大学、会社とストレートで進み、
それが大人になる生き方だ。それしかない。そう思って生きてきました。

しかし入社3年目で激務で体を患い
会社を退職して世界一周の旅にでました。

たった半年間の旅で、僕の生き方見本は
びっくりするほど膨大に膨れ上がりました。

妻子持ちで半年間旅してる男性。

無銭で10年以上旅を続けている人。

真冬で雪が降る中平然と外でテントで寝ようとするオーストラリア人。

なんでも「イージー」と言って毎日ご機嫌なドイツ人。

2ヶ月の会社の夏休みを使ってマザー・テレサのところにボランティアに来てるスペイン人。

 

今まで出会ったことない、
様々な生き方を知ることができました。

 

生き方を決断する

生き方見本が少ないと、生き苦しくなります。
この生き方しかないと思うので、「〜しなきゃ」と固定観念が生まれ我慢が増えてしまう。

だからそんな時は、色々な人に会いに行って
その人の生き方を聞いてみるといいです。

「どうしてその仕事やってるの?」
「何を大事にしてるの?」
「今までどんな転機があったの?」

そうやってその人に関心を持って生き方を聞くと、
自分が思っている生き方なんて、ちっぽけなことに気づきます。

世の中にはまだまだできる可能性が無限だと気づきます。

 

そして、生き方を変え人生を変えるのは簡単。

とりあえず決めてみたらいい。

 

色々な見本を集めたら、
その中で気になるものをマネでもいいから
ちょっとやってみたらいい。

見本を集めただけでは人生は変わらない。

実際にそれを見て作ることで
本当に楽しさを発見することができる。

 

そんな時にオススメなのが、
とりあえずやってみること。

決断するのがベストだけど、
そこにはエネルギーを多く要することになる。

やってみないとわからない。
これが人生。

だから、まずはとりあずやってみたらいい。
やって合わなかったら戻ればいいし、
またちがう見本をやってみたらいい。

 

やってみてはまれば自分のエネルギーは高まる。
そしてそのエネルギーを使って完全に決断する。

僕も千葉県は市川市のマンション暮らしから
京都の綾部にある限界集落の村で自給自足の暮らしに
転身する時はやっぱり決断に迷った。

だけどね。

お金かかったけど、何度かその綾部の土地に行ってみたんだよね。

そしたら、
やっぱり行けば行くほどよかったんです。

そして、移住という決断ができた。

 

できることからとりあえずやってみれば、
生き方、人生は変えることができる。

 

生き方をアップデートして挑戦し続ける

そして僕たちは常に進化して生きている。

昨日持っていた価値観も、
今日新しい価値観や成長を人との出会いでもらったら、
たった1日だって価値観が真逆になることだってある。

そしてその価値観や世界観で
今の生き方が変わってくる。

だから僕らは日々、
生き方をアップデートしていく必要がある。

 

生き方のアップデートは、
自分が今日1日つかっている時間を見直すこと。

自分が使っている時間が自分の命であり人生だ。

自分が何をやる時間にどれだけ使っているか?
それが生き方になる。

 

仕事の時間
家族の時間
遊びの時間
健康の時間
田畑の時間
パートナーとの時間

大きくみても様々あるし、
仕事の時間を細分化してもさらに色々な時間がある。

 

今自分は何を大事にする価値観や生き方を
しているのか?

そのために自分の命という時間、
これをどの時間に使っていこうか?

この問いをしていくことはとても重要です。

 

実はこの1週間で僕は自分の体力が
急激に落ちていることを実感してます。

田畑や遊びの時間をけずって、
今週からランニングの時間をつくりました。

子供と遊んで、仕事をフルにやっても
疲れない生き方にする。

これが今の僕が目指す生き方です。

 

あなたが今考える生き方ってなんですか?

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マサ
『人生をおもしろく遊ぶ』をテーマに仕事をつくる、遊びをつくる、食をつくるなどのテーマで発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© RE:TRSUT(リトラスト)草刈正年(くさかりまさとし)のブログ , 2018 All Rights Reserved.