リトラストアーティスト/リトラストコーチ/リトラストコンサルタント

勇気とはなにか勇気の使い方と出し方とは

マサ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
マサ
『人生をおもしろく遊ぶ』をテーマに仕事をつくる、遊びをつくる、食をつくるなどのテーマで発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

「勇気を持てたら」
「勇気が出せたら」

僕らはそうやって勇気という力を求めることがある。

「でも勇気っていったいなに!?」

勇気って持つものなの?
それとも勇気って出すものなの?

今日は勇気とはなにかについて書いてみよーと思いまっす!

 

勇気あるなーって思う人は勇気を使ってない

「この人勇気あるなー」って思う人って周りに時々いるでしょ。

できたらその人に「勇気ありますね!」って言ってみて、
そしたら対外こう返ってくる。

「え?勇気?」

そう。

人から見て勇気があると思う人は
たいがい勇気を意識していない。

 

「ユウキ?なんですかそれは!?」
おそらく外国人ばりの日本語の通じなさの返答がかえってくる。

勇気を持っている人はきっとただこう言ってくるはずだ。

「ただやりたいことをやっただけ。」

そう。
自分がただやりたいと思ったことを
自分の心に素直にやっただけの結果とその姿が
目の前にあるだけなんだ。

 

あれ?ほんなら勇気ってなんだ?
アレ?勇気がある人は勇気がほしいって思わない?
アレレ?勇気っていつほしいって思うんだっけ?

 

勇気がほしいと思う時って後先考えてる時

勇気がある人って何をしてるかというと。
『目の前のことを見てる人』なんだと思う。

今この瞬間それがおもしろうそうか、おもしろそうじゃないか?
今この瞬間それがやりたいか、やりたくないか?

ただ今を見ていて、その今に対して感情でただ動いている。
そのくらいシンプルな行動を取ってると思う。

 

でも一方で、「勇気がほしい。」って思う人は、
今の自分の気持ちや感情を見ずに、
後先という思考を見てしまう。

「これおもしろいのかな?(やらなきゃわからんやろ!)」

「これやりたいのかな?(答えは頭にないんじゃいの?)」

「これやったらどうなるのかな?(んなもんやらなきゃ神だってわからん!)」

そうやって、
考えてもわからない後先という神の領域を
勝手に創造し妄想し、

挙句の果てには、起こってもないのに
最悪のケースとかマイナスなイメージを作って、
今を動かない変えない選択を自分に作ろうとしたりする。

 

そしてそんなことやりながら
「勇気がほしい」と勇気の力を求める。

 

勇気は作るものでも使うものでも持つものでもない

 

勇気はそこにあるもの。

 

僕はそう思う。
後先考えずに、心が体が感じたままに動くことで
そこに生まれるもの、あるものが勇気なんだと。

 

もし、今勇気がほしい。勇気とはなんだろう?
あなたがそう考えてこれを読んでくれているのなら。

勇気を探すのを
勇気を見つけるのを
勇気を持とうとするのを
勇気を作ろうとするのを
勇気を使おうとするのを

やめてみませんか?

 

では勇気を使わずにどうしたらいいのか?

自分に素直になればいいさね~(沖縄風)

おばあ

 

 

今自分がやりたいことに対して
後先考えて頭で考えている時に勇気というものがちらつく。

だから。

考えるのやめたらいいさ~。

おばあ

最強の武器はこれ。

 

『なんとなく』

 

やりたいんだったら、
なんとなく、できることから始めちゃえばいいのさ~。

下手に考えるから勇気だのなんだのって動けなくなるのさー。

まさ

 

考えたって未来なんて誰にもわからない。
だから自分で判断するのは
『やりたいか?やりやくないか?』それだけ。

やりたいんだったら、なんとなくやり始めちゃえばいい。
そしたら、流れがよければ勝手に進んでいくし、
流れが悪ければ滞る。

でも滞った時、本当にやりたい気持ちがあったら
きっとあなたはそれをあきらめないはず。

その姿が『勇気』という形となって見ている人の目に映る。

それが勇気の正体なんだと思う。

 

さぁ!
勇気を捨てて、今をなんとなく決めて前に進んでみよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
マサ
『人生をおもしろく遊ぶ』をテーマに仕事をつくる、遊びをつくる、食をつくるなどのテーマで発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© RE:TRSUT(リトラスト)草刈正年(くさかりまさとし)のブログ , 2018 All Rights Reserved.