綾部と綾部を再びつなぐ場を作りたい

——————————
綾部と綾部を再びつなぐ場を作りたい
——————————

人口3万人。
人口減少、高齢化により過疎化が進む綾部市。

ここに今、希望の光が灯りつつあります。

世界に広がる『半農半X』という思想が生まれた町。

近年、移住定住実績は全国3位。

雑誌『田舎暮らし本』での移住希望地ランキング上位に入り、
若者が次々と移住してきています。

僕もその若者の1人です。

そんな綾部に、
これらの課題が解決に進み、

さらに希望の光が生まれる、
『綾部が綾部を知るギャラリー』を作りたい。

そう思っています。

そしてそのギャラリーを、
有志による資金と仲間と人力で、
一緒に作りあげたい。

綾部が綾部を知ること。

自分の市町村が
自分の市町村を知ること。

これによって生まれるであろう
希望の光について、

このお話にぜひお付き合いください。

——————————
再びつなぐ
——————————

改めましてこんにちは。
草刈正年と申します。

千葉県は市川市から綾部に移住して7年になります。

綾部の暮らしは、田んぼや畑をやったり、
味噌や醤油を作ったり、
のびのび子育てをしたり、

とても気持ちよく暮らしをさせてもらっています。

でもそんな中、感じるのが、

これだけ素敵な物があり
これだけ素敵な人がいるのに、
これだけ素敵な可能性があるのに、

その素敵な『物』や『人』や『可能性』に
なかなか出逢えないということ。

7年もたっているのに、未だに、

「そんなものがあったのか?」
「そんな人がいたのか?」

ということが多々あります。

過疎化の根本原因は、

『そこにある物や人が輝き、楽しくあること』

これを失っているからだと思います。

だからシンプルに、

今住んでいる僕らが、毎日楽しく、輝きある
生活をこの綾部でしていること。

これが今よりもっと、さらに、
自分も、そして今いる仲間も、まだ見ぬ人達と
作っていけるか?

これなんだと思います。

それには、

『再びつなぐこと』

これが大事なように思うんです。

——————————
綾部から全国に希望の光を
——————————

物と物がつながり、
新しい可能性や産物が生まれます。

人と人がつながり、
新しい可能性や●●が生まれます。

綾部にある物
綾部にいる人

それらが、

綾部にある物を知り、
綾部にいる人を知る。

『綾部が綾部を知ること』が
『再びつなぐこと』であり、
この町に希望の光をさらにつくることだと思うんです。

この『結び』が行われる場所が
今この綾部にはありません。

その場所を取り戻し、
その場所を作ることで、

綾部に住む人達に希望の光を、

そしてここから、
全国の過疎化に悩む市町村に
希望の光を届けたい。

それがこのプロジェクトへの想いです。

——————————
綾部に昔、結びが行われていた場所がありました
——————————

実はこの綾部に、この結びが行われていた場所がありました。

綾部市内にある教会。

昔ここは、様々な人が集い、祈りを捧げたり、
演奏会や発表会などが行われ、

綾部にいる人が人を知る、結びの場でした。

また、

そこから歩いて30秒のところに
『●●』というレンタルスペースサロンもありました。

そこも、人々が集い、
人々に結びが生まれ、物や人を知り、
そこから新しい企画や事業が生まれ、
町を活性化していた大きな場所でした。

しかし、時代と共にそれらは消えました。

でも消えたものを嘆いているより、
ないならまた作ればいい。

そしてもっといいものを生み出せばいい。

そしてその想いを持った人たちが、
今その『結び』の場を取り戻してきています。

——————————
教会に生まれたカフェレストランとコワーキングスペース
——————————

同じくこの想いを抱いた、長年地元で不動産業を
やられていた有限会社 原田商店の原田社長が、

教会が取り壊されると聞き、
「ここをもう一度、綾部の人々が集う場所にしたい!」

その想いで買い取り、
保管してくださっていました。

そして2019年1月より、

教会の1階に、綾部付近にあるオーガニックな食材や素材を
中心とした料理を提供する、

オーガニックカフェレストラン
『GET ME TO THE CHURCH』がオープン。

そしてそれと同時に、

2階にコワーキングスペースが正式オープンしました。

そして再び、

この教会が人が集う場所になりつつあります。

——————————
綾部の物と人を知るギャラリーを作りたい
——————————

今回のプロジェクトはこの教会の2階、
コワーキングスペースをギャラリーに改装したい。

それについての資金援助のお願いと
共同作業で改装する仲間の募集となります。

このコワーキングスペースは
共同管理人が数名いて、僕はその一人。

もっともっと利用者を増やし、
様々なイベントが行われたり、

持ち運びができる仕事ができる場所にして、
人と人がつながり新たな何かが生まれる場にしたい。

そう思っています。

しかし、実際はなかなか仲間ができず、

おそらくまだ認知もされてなく、
伝わりきれてないと思ってます。

そこで今回、次なる一手としてやりたいのが、

コワーキングスペースを
ギャラリー化するというものです。

——————————
綾部の物と人を知るギャラリーを作りたい
——————————

綾部にギャラリーは2つあります、
でも一方は年に数週間しか空いてなく、実質は1つ。

1つあるのにここをギャラリー化する理由は、

『いつでも綾部の物や人とつながれる場をつくる』

という所を目指したいと思ってるからです。

まだまだ僕は知らない作家さんがいますが、

知ってるだけでも綾部にいる作家さんは数知れず。

陶芸家さん、木工作家さん、和紙作家さん、
多くのモノづくり、クリエイターさん達がいます。

このギャラリーは月替わりで
綾部にいるクリエイターさんの作品(物)を
掲示している場所にします。

もちろん入場は無料。

カフェレストランのオープン時間に
自由に出入りしてもらって、見て、購入もできる形にします。

そして、綾部の物を知るだけじゃなく、
その物を作る人を知ることが、

綾部が綾部を知り、結びが起こり、
希望の光が生まれることだと思ってます。

最低1月1回。

展示している作家さんとのトークライブや
イベントを行います。

物だけじゃなく人ともつながること、
新たな仕事を生み出す可能性や、
つながりを生み出す可能性を作ります。

食でつながるカフェレストラン、
人でつながるコワーキング、

そして、

このプロジェクトは

物でつながるギャラリー。

これを作りたいと思ってます。

食・人・物で綾部が綾部を知り結びなおす。

この綾部の人々や、
強いていえば、その事例から全国の過疎化に
困る市町村の希望の光となるプロジェクト。

このプロジェクトに参加してみませんか?

——————————
プロジェクトからあなたへのお願いごと
——————————

このプロジェクトからあなたへのお願いは

●ギャラリー作りに必要な資金の援助

●ギャラリー作りで一緒に手を動かしてくれる仲間集め

●このプロジェクトに参加してくれる人を探す仲間探し

Copyright© RE:TRSUT(リトラスト)草刈正年(くさかりまさとし)のブログ , 2019 All Rights Reserved.