表現発信研究人・筆文字アーティストでいつも遊び人

上手くは自分の粗探しのはじまり

マサ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
マサ
『人生をおもしろく遊ぶ』をテーマに仕事をつくる、遊びをつくる、食をつくるなどのテーマで発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

 

筆文字が上手く書けません。

ちょっと質問させてね。

あなたのいう「上手く」とは具体的にどういう状態ですか?どういう風になったら上手いということになりますか?

人によってうまいの定義は違う。その自分の『上手く』という価値観を自分で知ること。それが大事かもね。

 

ちなみに。

僕は千人以上の筆文字を見てきたけど。

あなたの筆文字。やさしくて、そぼくで、ほっこりして、今までみたことない筆文字で素敵だなと感じましたよ。

見慣れている自分ではわからないかもしれないけどね^^;

 

えっとですね。

自分の粗探しをするのをやめて。
好きなところ。
喜びを感じるところ。
気持ちのいいところ。

これを探す意識をしてみてはどうでしょうか?

「上手くできない」というのは自分ができていないところばかりをみているんじゃないかと思うんです。

それよりも。

どこか一箇所でも。
1つの線でも。
1つの点でも。

ここが気持ち良かった!ここが楽しかった!ここが好き!
それを見つけていくことを習慣にすることをお勧めします。
好きにフォーカースすると、好きなことがどんどん見えてきます。

筆文字を書くのもどんどん楽しくなり。自然と字が変わってくると思いますよ^^

この記事を書いている人 - WRITER -
マサ
『人生をおもしろく遊ぶ』をテーマに仕事をつくる、遊びをつくる、食をつくるなどのテーマで発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 草刈正年の答えは自分の中にある , 2016 All Rights Reserved.