大丈夫ことの葉神社

大丈夫ことの葉神社

今、自分がやりたいと思っていることに
挑戦しようとしているあなたへ
こんな悩みはありませんか?
 

「仕事で新しいプロジェクトや挑戦をしようと思ってるけど、一歩が出ない
「日々忙しさに追われて、自分を安心させ自分を整える時間が取れてない」
「仕事をやめて独立を決意。でも日々不安におそわれている
「やりたいことに挑戦してきたけど、ここに来てちょっと自信がなくなってきてしまった
「自分のエネルギーをチャージする場所や時間がほしい」

 

大丈夫ことの葉神社を使うとこうなります。

「自分に自信を取り戻し、自分のやりたいことに挑戦できるようになる」
毎日、自分を安心させ整ったいい状態の自分でいれるようになる」
なくなる恐怖から開放され、つくる生み出す楽しさと充実感を味わえるようになる」
「自分の芯にある自信を取り戻し自分らしく生きれるようになる」
「自分で好きな時に自分のエネルギーチャージができるようになる」

 

自信を取り戻し自身を取り戻す

saint-198958_1280 (1)

自分がやりたいと思ったこと。それをやりたくて僕たちはこの地球に生まれることを決意して生まれてきた。そして、それをやろうと強い意志と自信を持って、母のお腹に宿り、僕らは勇気を持ってこの世に誕生した。

すべては自分次第。やりたいことに冒険し挑戦したらできないことはない。そう自分で知りながらも。成長と共に、挫折、失敗、失望、痛手、不信などから、自分で自分を信じられなくなってきてしまってきている。

人にいくら「大丈夫!」と言われても、自分で自分を信じない限り、この自信は取り戻せない。自分で自分を「大丈夫!」と信じきれたら、すべての物事はうまくいく。

神社は母の産道である参道を通り、生まれる前の自分に会いに行く場であり、祓い祈ることで元の自分に立ち返る場である。

そんな自分が自分に戻り、自分を信じる力を取り戻す神社が、自分の手元に常にあったら、人はいつだって自分の自信を取り戻し、やりたいことに冒険し挑戦して生きることができる。

そんな、あなただけの特別な神社を持ち、あなたのこれからの一生を自分で一生大丈夫にして、やりたいと思ったことに冒険し挑戦して生きていきませんか?

 

大丈夫の言霊パワー

mountaineer-2100050_1280

おかげさまで。草刈正年です。

遊びの天才。幼少期の僕は人からそうやって呼ばれていました。
自分が『やりたいと思ったことに冒険し挑戦する』。それ以外の選択肢はあの当時の僕にはなかった。

だけど気がつけば環境の変化と共に。

「遊んではいけない」「勉強しなければならない」「みんながやるから」

そんな環境に飲み込まれ、気がついたら、
『自分がやりたいと思ったことはやれないんだ。』そう感じるようになり、気がつけば高校に行き、大学に行き、会社員になってました。

仕事はシステムエンジニア。嫌いじゃないけど好きでもなかったです。1年目から血便を経験し、徹夜や土日出勤が続く日々。200人の同期の中で最短でリーダー職になったものの、体を壊してしまいました。

「くそ!この会社が悪い!」「パワハラ上司め!」「人生最悪だ。。」今思えば、その会社を選んだのも、上司を選んだのも、人生を選んだのも自分なのに、それを人のせいにしていました。

 

これは本来の自分じゃない!

 

自分を変えたい。本来の自分を取り戻したい。そう思い、『自分が絶対不可能と思うけどやりたいこと』これに挑戦することを決意しました。

30ヶ国世界一周一人旅。そしてこれに挑戦し無事に達成しました。
世界一周の旅の夢を掲げて人に話した時。多くの人にこう言われました。

「大丈夫?」「絶対無理でしょ。」「仕事どうするの?」「現実を見ろよ。」

現実的な言葉に、今でも悔しさがこみ上げてきます。だけど当時の僕にはそれを言い返す自信も勇気もなかった。だけど、たった3人だけ僕にこう伝えてくれる友達がいました。

「大丈夫だよ!」「まさならできる!」「なんとかなるよ!」

その言葉は僕の自信を取り戻してくれました。自分自身で「そうだ!大丈夫!なんとかなる!いやなんとかする!」そう思えるようになりました。

会社をやめるのも、旅に行くのも、旅中も。たくさんの冒険と挑戦があったけど。
「大丈夫!」そのつどこの言葉を自分に届けるだけで、自分を信じ前に進むことができました。

「大丈夫!」この言葉には魔法があり力がある。僕はそう確信しています。

 

自分の名前には不思議な力がある

cave-1835825_1280

そして帰国後。僕は「やりたいと思ったことに冒険し挑戦して生きよう!」そう決めて今まで生きてきました。人がやりたいことに挑戦するのを応援したくて、大丈夫と伝えたくて、路上に座り即興で書と言葉を届ける路上詩人をやり、今まで1万人以上に言葉を届けました。

そして、自分のやりたい表現に挑戦する、見本がない自分の筆文字表現を作る個性筆教室というものを作り、今まで1000人以上に教え、個性筆文字協会を立ち上げ、人のやりたことを応援できる講師を全国に70人以上育成してきました。

冒頭のメッセージは、実際にお客さまからいただいた言葉です。
これらの活動を通して気がついたことがあります。

「作品の名前を見ていたら、自分に自信が持てるようになりました!」
「毎日名前を見てたら自分のこと好きになってきました。」

僕は路上詩人では名前と詩を書くのですが、後日メールでいただいた一番多い感想は、『名前を見ていたら…』という名前にちなんだ感想が一番多かったのです。
そして、筆文字教室でも、同様のことが起こりました。

名前には不思議な力があります。

自分の名前の意識を変えるだけで、人はこのような様々な変化をします。ではどうやったらその意識を変えられるか?

1つは、自分の名前をよく見て観察すること。
そして、そこから日々何を感じるかを感じたり。意味付けすること。

例えば僕の名前は『正年』だけど。年とは四季や時。それをしっかり感じながら、正しい真理を探求する力を使って生きる。

このような自分のモチベーションがあがる意味付けをすると、名前は自分に力を貸してくれます。
僕らは名前の力を使って、自分の役目や自信を取り戻すことができるんです。

 

人は場の力を必要としてる

japan-530347_1280

海や山といった自然を感じる場所に行くと開放感を感じたり。好きなお店やカフェに行くと落ち着いたり。人は場によって影響を受けます。

人は安心して自分を出せる場の力を必要としている。

安心する場。自分を振り返った時。自分の中で真っ先に出てきたのが神社でした。

僕は定期的に神社に通いお参りすることをしています。

「いつもありがとうございます。」
「おかげさまで幸せに生きさせてもらってます。」
「世の中のためにお役に立ちたいと思ってます。どうぞ自分の体をお使いください。」

僕が言うのはいつも決まってこの言葉ですが。人間関係でモヤモヤしていたり、仕事がうまくいってなくてすっきりしない時、こうやって神社に行くとなぜかそれらがすっきりするのです。

これはなぜなのか?

1つは神道という宗教が始まる前、そして仏教やキリスト教などが入ってきたはるか前から、日本人が大事にしてきた場所でそのDNAを感じているということ。

そして。祈りをおこなったことによる不思議な安心感。
これらなんだと思います。

また、神社は前にも話したように、鳥居があり、参道があり、本殿にご神体があり、そこにお祈りをします。ご神体は多くの場合が鏡となっています。参道は赤ちゃんが生まれ出る産道とすると。本殿は子宮。そう見ると、鏡は『生まれる前の私』です。

胎内記憶の研究では、生まれる前にどの両親、どの時代、どの環境に生きようと自分で決めて、選んで生まれてくる。そんな話があります。生まれる前の私は、やりたいことを決め、大丈夫と決めて、使命を持って生まれることを決めたのです。

神社を感じ、生まれる前の自分を感じることで、生まれる前の自分のやりたいこと、自信、使命を取り戻す。これが神社の力と意味付けすると、自分の今を大丈夫と思えてきます。

 

大丈夫を伝える次のステージへ

僕は今まで、路上詩人、そして筆文字教室を通して人がやりたいと思ったことに冒険し挑戦することを応援してきました。「大丈夫だよ!」と伝えてきました。

でも僕は。これを伝える次の次元のステージに挑戦しようと決めました。それは。

『自分で自分の人生を一生大丈夫にしていける人を増やす』

大丈夫の言霊パワー。名前の力。そして場の力。これを使って、人が自分自身で自分のことを大丈夫と信じ、やりたいことに冒険し挑戦することができるようになる。そんなきっかけを作る挑戦をすることを決意しました。

これらの3つの力を統合したもの。それが大丈夫ことの葉神社です。

3つの力統合

 

実際に大丈夫ことの葉神社を手にとって方達はこんな感想を持たれています。

 

株式会社プレシャスライフ代表 小松さやか様

「大丈夫」これって誰もが一番欲しいものなのではないでしょうか?

いつも自分の中に「大丈夫」っていう自信があれば
全ての物事がうまくいくのだけど、
もともとあった「大丈夫」が薄れかけている人が
今は多いと感じています。私もその1人。

「大丈夫」と書かれたこの書は、
自分の中に薄くなった自信をカバーし、
強化してくれる力を持っていると感じています。

紙、墨、水にこだわりさらに祈りが入ったこの書は、
置いておくだけでパワーを感じています。

「大丈夫」を思い出すだけではなくて、
さらに自信を大きくしたい人にもオススメです。

IMG_0411

株式会社ありがトン代表 澤登和夫様

初めて「和夫、大丈夫」を見たとき、、瞬間で心の奥底にどす?んと響いたあの感覚、1ヶ月経った今でも鮮明に焼き付いています。

こんなにこだわって作られていることを知らなかったのに、
あれだけ奥底に響いた。。。だから、
この書への安心感と信頼感は半端ない。

そして、この「大丈夫」にパワーをもらった瞬間があります。

あるイベントで、みんなが発表しあう時、
みんなの前でやりたいことが出てきました。
「やってみたい、でも、、、失敗したら恥ずかしいし、できない。。」そう思った時、
ふとこの「大丈夫」の文字が頭に浮かびました。

そして、「和夫、大丈夫」って目を閉じながら唱えました。
そうしたら、「あぁ、きっとなんとかなるな。大丈夫だ」って無理なく思えたのです。

そしてみんなの前で自分なりにやり切ることができました。
まさにこの「大丈夫」が背中を押してくれました。

この「大丈夫」は、見守ってくれているだけでなく背中を押してくれる存在、、
そして自分の分身がもうひとりいてくれるような、、
そんな大切な存在でもあります。

18946996_1327952460573688_1176152460_o

岩本莉依様

本当の本当の自分から湧いたことを表して、人さまのお役に立って生きていきたいと仕事をやめました。

自分の前には今、何でもできる自由と可能性が広がってる。
なのに、その大海原の広大さにひるんで
そのレールのない冒険に圧倒され
自分を見失い不安にかられていたタイミングで
この大丈夫の書を受け取りました。

率直に言うと、最初対面したときは
暗く重たく突き刺さるように感じ
自分になじまなくて
いい感じがしなかったんです。

毎日向き合って呼びかけていると
両手を書に添えたくなって
時々てのひらからエネルギーを受け取るように書に触れながら
大丈夫と自分に呼びかけていました。

最初に感じた嫌な感じ。
それは自分が自分に対して大丈夫って思えなくて
疑って信用できてなかったからだとある日気づいたんです。

それからは、同じ書なのに
見え方や感じるものが変わって
明るく、包み込まれる感じを受け取るようになってきました。

まだ心の底から自分を信頼できなくて
大丈夫と言えない時もあるのを感じていますが
そんな今の自分に気づかせてくれるのも
この大丈夫の書なんだと発見。

まだまだ道半ば。
この書とともに今の自分に気がついて
自分が育っていくか楽しみです。

rie (2)

佐藤由美様

はじめこのはなしをきいたとき、大丈夫ってひとにより受け取り方や感じ方が違うしぴんとこなかったんですが

届いた書にむきあったら、、、
胸がひらくような
魂の奥に響くような
すごいエネルギーにびっくり!!

自分の声で音にして読み上げるうちに
書をだきしめてみたくなり
書にハグしたら
深いあったかさにつつまれて
じーんとしました。

なにかに似てるなあなんだろう
何日か続けてみたら

こどもと臍の緒でつながってる感覚や
陣痛の波のなか、うまれてくるそのときのひっくるめた大丈夫な宇宙感
と似てるなあとおもいました。

自分の奥底の表現の泉が刺激されて、
わたしがほんとうに描きたいことや、
していきたいこと、ともにすごしたいひとがはっきりして

その湧き上がる想いを
キャッチしてくださるひとに自然とつながり
力んだり、なにものにもならない私が私でいるだけで

三ヶ月先まで
わたしの世界観でつたえていきたいことのご依頼をいただきました。

いままで生きてきたこと
いいも悪いもすべてがつながってるんだなあって
わたしがわたしを赦せた。

いまそばにいてくれる家族や友達にありがとうがあふれてきました。

母業は
心配の宝庫
あの日おなかいためた息子も
独立していく年齢

おかあさんが大丈夫なら
こどもも大丈夫、、
じゃなくて
みんなひとりひとり大丈夫なんだっておもえました。

先にはたくさんの試練もあるかもだけど
信じて送り出せるきもちです。

そこそこのちからで達成するより
湧いてくるきもち全力でとりくめるプロセスって大事ですね。

まだまだ大丈夫実験続行中です。
ありがとうございました。

yumi (2)

大和田悦子

初めて見たときはパソコンの画面越しだったんですが、それでも「なんだこれ!!凄い!!!」と衝撃を受けたのを覚えています(笑)

普段はまったく芸術品にも書にも興味がない私が
作品が欲しいなんて思ったのは
もしかしたら初めてのことかもしれません。

(家には自分の作品か頂き物しかないんです)

初めて手にしたときの感想は、「手触りが気持ち良い!!」でした。
和紙の温もりだけではない、優しい木や土のような。
なんというか、自然に包まれているような手触りです。

毎日、見ながら「だいじょうぶ!」と言うように教わりましたが、
個人的には触るともっと自分が落ち着くような気がしています。

ハートが温かくなるような。
作品の温もりと、自分の名前と「大丈夫」の言葉が、
ハートを温めてくれるような感じがしています。

作品を置く祭壇が、ちょうど作業場の背中部分にあるので、
いつも背中を守ってもらっていますよ!

19075421_1213848192060639_928758851_n

大丈夫ことの葉神社の制作は、見た人が大丈夫の力を発動させるよう様々な工夫と思いを入れさせてもらってます。

大丈夫ことの葉神社の場のエネルギーをあげる4つのこだわり

和紙 _______________________________________
黒谷和紙作家のハタノワタルさんの和紙を使っています。
楮という紙の原料になる木を自分の畑で育て、それを紙にするまで全部を手作業で作られています。
真心が入った和紙は存在感とエネルギーで溢れています。
washi
___________________________________________
陶芸家の清水善行氏にご依頼させてもらい、特注で陶器の硯を作っていただきました。
研ぐ場所が真ん中に来ることで、エネルギー集まる設計になっているとのこと。
1人の作品を書くために、数分墨を摺る必要があります。「大丈夫!大丈夫!」と祈りながら摺らせてもらってます。
suzuri
___________________________________________
墨を摺る水は、元伊勢神宮にある真名井神社の御神水を汲みに行き、その御神水で墨を摺らせてもらってます。
エネルギーの高いものを使うことで、作品に場の力が宿ります。よい水のエネルギーも感じてもらえたらと思います。
mizu
___________________________________________
和歌山は紀州で、昔ながらの木を小さな炎でゆっくり燃やし、そこから出た煤(すす)を手で広い集め、それを膠(にかわ)で固めたすべて手作業で作られた墨を使わせてもらってます。
紙と墨。自然界の融合。混じりけのない純度の高いものの重なりによって作品のエネルギーが高くなると信じてます。
suzuri

上記4つのこだわりの道具を使い作品を制作させてもらっってます。
4つのこだわり統合図

大丈夫ことの葉神社の作業工程

1日目:下地入れ _____________________

大丈夫と心の底から深く感じてもらえる作品にするために、風合いを出すため下地をいれます。

sitazi
2日目:下地鳥居入れ?______________

さらに下地に鳥居の絵の下地を入れます。神社の見立ての場の力を入れます。

washi
3日目:和紙の貼付け?______________

下地が乾いたところで、今度は和紙をパネルに貼り付けます。

washi
4日目:作品書き ____________________

和紙の貼付けが乾いたところで、墨を摺り作品を制作させてもらいます。

kaku
5日目:保護風合い出し塗装?____

無添加のオイルを作品の上部にコーティングさせてもらいます。これによって、風化をおさえ、風合いを出していきます。

corting

 

大丈夫ことの葉神社は書の作品ですが、ただの書の作品ではありません。

完成されていない自分で一生かけて育てていく作品

 

大丈夫ことの葉神社の使用方法

大丈夫ことの葉神社は、完成された作品をただ飾るだけのものではありません。前述の通り、自分を大丈夫にできるのは自分しかいません。

自分で自分を大丈夫にしていくために、安心する場、自信を取り戻す場を自分で作っていきましょう。使い方は以下をオススメしてます。

自分の好きな場所に飾る?__________

大丈夫ことの葉神社を自分が一番エネルギーを上げたい場に置きましょう。持ち運びができるサイズなので持ち運んで使ってもらって構いません。

sitazi
毎朝、大丈夫ことの葉神社を見て大丈夫と発声する _______________

「正年!大丈夫!」このように「名前、大丈夫!」と声に出して3回発声します。すると、言霊が音霊となり、大丈夫の力が自分の中に目から耳から入り力をくれます。

washi
今日あった大丈夫だったことを報告し感謝する _______________________

祈りとは感謝に似た形のようにも感じます。今どんな状況にいても感謝できるものがあれば人は幸せを感じることができます。今日あった感謝を自分の神社、自分自身に伝え感謝しましょう。

kaku
時々触れる、抱きしめてみる?___________________________________________

視覚そして聴覚だけではなく触覚という人間の五感を使って、大丈夫を感じることをしてみてください。視覚や聴覚とはまたちがった大丈夫を感じる体感があると思います。

corting

大丈夫ことの葉神社詳細

商品:書道作品
サイズ:F6サイズ:410mm?318mm
IMG_8670

■注文後の流れ
1.以下申込フォームより銀行振込かクレジット決済を選択して申込&お支払
2.ZOOM(インターネット無料テレビ電話)を使用しヒアリングセッション(別途個別に連絡)
3.月末に作品制作
4.次月の月初に発送(ご注文されたお客さまに決まり次第連絡します。)

■販売方法
毎月10個限定受注製作販売。

■価格
54,000円(税込み)

作品制作前にヒアリングセッション
skype-835470_1280

ご購入者さまが、どんな気持ちでどんな風に大丈夫になっていきたいのか?それを事前にZOOMまたはSKYPEというインターネット無料テレビ電話を使ってヒアリングセッションさせてもらいます。

そこでの情報を胸に、祈りを込めながら大丈夫ことの葉神社をお一人お一人作らせていただきます。

マイクとカメラがついたパソコンか、スマートフォンもしくはタブレットに専用アプリを入れることで無料で行うことができます。ご用意ください。

 

毎月10個限定の完全受注制作
3kaku

1つの作品を制作するのにかなりの時間と労力がかかるため、毎月10個限定の完全受注制作とさせていただきます。

お急ぎの方はご遠慮させていただきます。ご了承ください。

 

30名限定特別販売価格

大丈夫ことの葉神社。作品販売スタート記念で、先着30名様限定で特別価格にさせてもらいます。

通常54,000円(税込)のところ。
21,600円引きさせてもらい。

特別価格:32,400円(税込)にさせてもらいます。

※先着順です。ご了承ください。

大丈夫ことの葉神社申込みフォーム

大丈夫ことの葉神社は以下の申込日程をご選択の上、そのリンク先の申込フォームをご記入の上お申込みください。
※申込みフォーム記入後に、メールでお支払い方法が届きます。届かない場合はお問い合わせください。

現在申込ができる日程は以下になります。

●2017年8月制作、早期30名限定価格大丈夫ことの葉神社

Copyright© 2017 大丈夫ことの葉神社. All rights reserved.