心が弱っているこのサバイバル時代を生き抜く力

写真 2015-07-31 19 12 08

 

Survival

 

今から何も持たずに無人島で1週間過ごす刑。

そんなことを言いわたされたら、あなたの心は何と言うだろう?

「ムリ。死んじゃう。」

「なんとかなる・・・かもしれない・・・。」

「1週間くらい大丈夫でしょ。」

 

人は『起こってない想像』で勝手に恐怖を作り不安になりたがる。

 

 

そして。

その起こってない恐怖に対して自分がどう思えるかが、生きる力を持っているということだと思う。

「死んじゃう」

そう思ってしまった人は、「大丈夫」って思った人よりも多く不安を感じ、生きるのにストレスを感じているはずだ。

この余計なストレスなくしたいよね。

 

例えばフルマラソンを走ったことがある人なら、無人島でも体力の自信があるから自分の脚でなんとかする勇気が湧くかもしれない。

例えば遠泳で10キロ泳いだことがある人なら、無人島から見える本島に泳いで渡るという勇気が湧くかもしれない。

例えば海で釣りや漁ができる人なら、無人島でも食べ物を採って生きれる勇気が湧くかもしれない。

 

自分の体1つでできることが多い人

 

心が弱ってるこのサバイバル時代に目指すべき人物像かもしれない

 

--------------------------------------------------
リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!

質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

 

草刈正年のプロフィールについては取材されたこちらの記事をご覧ください。kusa

 

草刈正年line@はじめました。ブログにない情報とどけます。

友だち追加