お客とは自分が一緒に成長したいと思う仲間

okyakutoha

お客とは

自分が一緒に成長したいと思う仲間

 

お客ってなんだろ?

お客さん?
お客さま?
顧客?

人によって色々な呼び方してるけど、自分にとってお客とはなんだろ?

 

人と話をしている時、僕はお客さんって呼んでる。

だけど、なんかちょっとしっくりはこないな~。

起業当初。僕はお客のことをお客さまって思っていた。お客さまは神さまだと。
でも途中でこの考えは変わった。

お客は神さまじゃない。人間だ!

お客さまの要望は神さまだから全部きいていきなさい。そんなこと聞いたことある。

でも、お客さまの要望や期待にこたえると、実は仕事はどんどん生まれる。

お客さまが求めていることで、自分ができることをやれば、お客さまにとっては価値がある。だからお金を払って喜んで買ってくれる。

でも。

それが自分が本当にやりたいことで、やって自分が幸せになったらいいことなんだけどね。

もしそこで、お客さまの期待に応えて、本当はやりたくないのに、お金もらえるから、お客さまのためだからとやっていったら。。どこかで自分の心が違和感を感じだす。

「あれ?自分は本当はこれがやりたくて独立したんだっけかな?」
「あれ?なんかこの仕事、自分がやらなくてもいいんじゃないかな?」
「あれ?お金いっぱいあったらこの仕事やりたくないな。」
「あれ?なんか好きなことしてそうだけどサラリーマンと変わらないな。」

お客さまと思っていた時、お客さまからの期待に応えていたら、こんなことを思ったことが多々ありました。

そして事件は起きた。

「講師なら生徒さんのブログやFacebookの過去の記事をしっかり読んで、一人一人の現状をしっかり把握しておくべきでしょ。」

生徒さんから言われた一言。
でも実はこの人。講座に参加する前に無料で散々メールで相談に応えてきていて、何時間もこの人に費やしていた人。

お客さまと考えて接することはお客さまをダメにする。

そう思ったね。そして、『ついつい僕も人が喜ぶなら』とがまんしちゃうタイプなんだけど。決めたね。

お客はお客さまじゃない!お客は自分で選ぶ!って。

 

お客がこっちを選ぶなら、こっちもお客を選ぶ!

それから、僕はお客さまと自分より上という意識をするのをやめて、お客さんと呼んで対等の位置づけの意識にしました。

例えば、メールマガジンに登録してくれている方で、質問がきたら僕はなるべく返答するようにしてる。

だけど、返答しても返事がなかったり、お礼すらなくまた質問をする人。そんな人は、こっちでその人をメルマガから削除してる。

教えてもらってあたりまえ。
人の時間に感謝ができない。

きっとそんな人が僕のサービスである教室にきたら、周りの人に迷惑をかけるから困る。

お客さんは多ければ多いほどいいのではなく、少なくてもいいお客さんとのつながりがいい。そう思うようになった。

それからというもの、教室や商品販売でトラブルはなくなった。おもしろね~。

 

実はお客じゃなかった、ただの仲間だった!

でもなんか最近お客さんもなんかちがうな~って感じに。

これを話すと、仕事とは?ってところに行きつくことになるんだけど、自分の仕事って『やりたいことに冒険し挑戦し、仕事を楽しくする人を増やす』ってこと。

だから、それを応援する筆文字教室やLIVEに来る人は…。
お客さん…というよりは。。

同士やん!
仲間やん!

僕もやりたことに冒険し挑戦し、仕事を楽しくやって生きる。

「一緒にそうしていこうぜ!」

って、発信とサービスしてるんだから。
お客さんじゃなくて、仲間だったんだ。

やりたいことに冒険し挑戦し、仕事を楽しくする仲間。

これが僕のお客。

 

仕事の定義でこれは変わってくるかもしれないけど、今はこれが僕のお客。

そう。僕にとってお客とは仲間。

だから。

教室や講座、商品販売は、集客ではなく、仲間集めなんだ!

 

なんかこう考えると、どんどん楽しくなってくる。

人は人それぞれ成長があるから、一生の仲間なんてありえない。

人それぞれ、必要な時に、この場所で一緒に学びあって、成長する。そして、ステージが変わればその場を去る。でもきっと気持ちはつながってる。

お客さんの要望に応えていくのではなく、自分がやりたいことに冒険し挑戦し、仕事を楽しくやっていく。

そして、そこに共振する仲間と共に、この生き方をしていく。
実は、自分の仕事は単純だったんだ。

さぁ!仲間と共に!

 

あなたにとってお客とはなんですか?

仕事のスタンス。ちょっといい方向に行くかもよ!?

--------------------------------------------------
リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!

質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

 

草刈正年のプロフィールについては取材されたこちらの記事をご覧ください。kusa

 

草刈正年line@はじめました。ブログにない情報とどけます。

友だち追加