信じるとは体の喜びの声を感じること

shinzirutoha

信じるとは

体の喜びの声を感じること

「大丈夫!自分を信じなさい!」

ってフレーズ。世の中にたくさんあるよね。
この信じるってなんだろう?どういうことだろう?

たぶん世の中的には、これが正しいと思う的な感じの意味なんだと思う。

でも。

正しいか正しくないかなんて、やってみんとわからんやん!って思う。

信じるには迷いがつきものな感じがする。

「信じられればいいけど、まだ信じられない。」
「正しいと思いたいけど、まだ正しいと思えない。」

そりゃそーだよね。

正しいか正しくないかなんて、自分はおろか誰もわからないもん。

 

信じることは力になる。それは僕は間違いなくそう思う。

「大丈夫!この病気は治る!」
「この方向できっと自分は大丈夫だ!」
「誰になんと言われようとこれが自分だ!」

そうやって、信じる力を使うと、不思議といい方向に進んでいく。

だから。

さっさと信じちゃえばいいけど、僕らはなかなか信じることができない。

なぜなら?それが正しいか正しくないかをわかろうとするから。

 

信じるジャッジをやめてしまえ!

 

信じる力を使うのに、ジャッジなんかしてたら、ジャッジにエネルギー使いすぎて、やっと信じて信じる力のエネルギーが入ってきても、ジャッジでなくなった分、トントンくらいになってる。

「とはの問い。こんな発信して誰かに役に立つのかな?やっても大丈夫かな?やらない方がいいかな?」って。

んなもん考えたってわかるわきゃない。

そうやってモンモンと考えて過ぎていく時間。
そして机上で頭抱えている時間。
その時間があったら、もう何個もとはの問いのブログ書けてるやん!

ジャッジの時間と思考の労力はもったいない!

では。

どうやったら僕らは信じれるようになるんだろう?

 

心で感じるのをやめて体で感じるんだ!

「筆文字興味があるんだけど、私に筆文字って合うかな?やっていけるかな?」

これは考えても永遠にでない答えです。でもこの答えをすぐに出す方法がある。

その考えている時間を使って、文房具屋に言って、筆ペン買ってきて、ひとまず紙に自分でなんか書いてみて。

そしたらさ。わかってるくんだよ。
心というか体がね。

「この筆のスラスラ進む感覚。きもちー!!!!」
そう。気持ちよさ心地よさを体で感じたら、人は信じれるようになる。

「な・なんかすごい!なんだこの感覚!!」
その人にしかわからない、自分の中で湧き上がる感動。これを感じたら信じることに確信を持てる。

「・・・。」
言葉はいらない。体に鳥肌が立ち、ここちいいふるえが起こったら。信じないという選択肢はなくなる。

 

信じることを頭で考えてジャッジして信じていくんじゃなくて。

やってみて、体の声を聞いていく。

 

 

気持ちよさ。心地よさがあるか感じる。

感動が沸き起こるか感じる。

体の細胞がふるえて喜んでいるか感じる。

 

頭は簡単にウソをつくし、簡単に考えを入れ替えたり、人に入れ替えられたりする。

そして人はその度に混乱し、また大好きな迷いや悩みの迷路に入る。

 

でも体はウソをつかない。つけない。

信じるとは。体感だ。

信じるとは。体の喜びの声を感じること。

 

あなたにとって信じるとはなんですか?

--------------------------------------------------
リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!

質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

 

草刈正年のプロフィールについては取材されたこちらの記事をご覧ください。kusa

 

草刈正年line@はじめました。ブログにない情報とどけます。

友だち追加