表現とはできることではなくつくれること

hyougentoha

表現とは。

何かができることではなく、
何かをつくれることが表現だ。

例えば。

絵が上手に描ける人がいる。
絵を描けるのはアートだし表現と言っていいかもしれない。
でも僕の中ではそれだけでは表現とは言えない。

小さい子供がわけのわからない絵を描いて。
「これは地図だ!」って言う。
地図には見えないその絵も、「地図だ!」と意味付けすると地図に見えてくる。
こっちの方が表現だなーって感じる。

以前『子供の絵が天才的な理由』でも書いたんだけど。

100人が絵を見て全員「さるだね!」ってこたえるものより、
100人が絵を見て「宇宙人!」「くま!」「マメたろう!」って全員がちがう想像をする。

表現とは、自分の想像からの創造で、見た人に想像させ、人の創造を作ることだ。

だから。

 

あるものを忠実に上手にできるのが表現ではない。

つくりたいものをつくって、誰がなんと言おうと自分は●●をつくった!と意味付けして現すことが表現。

あとは人の評価なんてどうでもいいのだ。

 

表現者は人に評価させるきっかけをつくっているんじゃなく、楽しませるきっかけをつくっている。

「これは上手だ!いや上手くない!」とかそういう会話を生みたくて表現してるんじゃない。

「これなんだろう?あーなんかこれかも!」とかこういう人の想像と創造を生みたくて表現してるんだ。

それが表現者でありアーティスト。

 

書道家(書道ができる人)ではなく書道アーティストであれ。

「こんな風に書いて」と人に言われて、それを上手に書いているだけでは、評価の世界で生きなきゃならない。

自分の書きたい道を創造していこう!

 

ダンサー(ダンスが踊れる人)ではなくダンスアーティスト(パフォーマー)であれ。

「こんな風に踊って」と人に言われて、それを上手におどっているだけでは、評価の世界で生きなきゃならない。

自分が踊りたい動きたい形を創造していこう!

 

音楽家(音楽を演奏できる人)ではなくミュージシャン(アーティスト)であれ。

「これをひいて」と人に言われて、それを上手に演奏するだけでは、評価の世界で生きなきゃならない。

自分が出したい音をつくって創造していこう!

 

「おぎゃー!」と生まれて、人はできることよりできないことが多いとこからスタートする。

できることがうらやましくて、かっこよくて、あこがれで、できることを増やして成長して生きてる。

でも。

できることは僕らを表現から遠ざけてしまっているかもしれない。

 

できるとは?

何か対象があって生まれる評価価値だ。
表現は評価価値の世界じゃないところにある。

 

できる力からつくれる力へ

 

『できる』はこれからどんどんロボットに奪われていく。
そのロボットを『つくる』ことができたのは人間。

僕らは『つくる』という表現の世界で生きていこう!

 

今の僕の表現とは、できることではなくつくれること。

 

あなたにとって表現とはなんだろう?

とはトレ。一緒にやって、自分の表現の力を世の中にどんどん出していこう!

--------------------------------------------------
リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!

質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

 

草刈正年のプロフィールについては取材されたこちらの記事をご覧ください。kusa

 

草刈正年line@はじめました。ブログにない情報とどけます。

友だち追加