母の大丈夫に叶うものなし

%e6%af%8d%e3%81%ae%e5%a4%a7%e4%b8%88%e5%a4%ab%e3%81%ab%e5%8f%b6%e3%81%86%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%aa%e3%81%97

母の大丈夫に叶うものなし

Word&calligraphy:Masatoshi Kusakari≫

お母さんが「大丈夫!」と言ったら、大丈夫になる。

この人間世界はそんな仕組みになってるんじゃないかって、なんとなく思うんだけどどう思いますか?

 

実は僕は母から「大丈夫!」と言われた記憶がなくて。

いつも「ああしなさい!」「こうしなさい!」と言われてきたことが強く残っていて、その反発で今があるように思います。

だけど。

結婚し、子供ができて父となって。同じように子育てをして思い出してくることがあります。

田舎から都会に転校して田舎っぺといじめに合い、担任からもなぜかいじめられ。小学校の林間学校の時に前日に風邪で学校を休み、当日は風邪が治っていけるようになったのに「来ないでください」と言われた。

しかし母は、車で現地まで僕を連れていき、先生と談判してくれた。

当時の僕は、そこまでしなくていいよ。はずかしいよ。そう思っていたけど。。

あれは母の愛情表現で、言葉にしてない「大丈夫」だったなーって。

 

母にされて、当日は恥ずかしくて嫌だったこと。でも今思うと、不器用な母の愛情表現なのかもしれないよね。

 

そういえば。

僕は病弱でよくお腹が痛くなったりして学校を休んでいたけど。

そういう時は決まっておばーちゃんが、お腹に手をのせて、なんか祈ってくれていたなー。

そしてそれがほんと不思議と治る。今思えばあれは『手当て』というものだったと思うけど。

おばーちゃんは「大丈夫!」「大丈夫」っていつも手を当ててくれてた。

やっぱりお母さんの力はおばーちゃんになっても健在。

 

お母さんはこの世に新しい命をつくった人。

 

つまり人間世界はお母さんが作っているようなものです。世の中にお母さんがいなければこの人間世界はない。

いっちゃえば人間世界の神様みたいな存在がお母さん。

そこのあなた!

実はあなたは神様なんですよ!(笑)

 

そんな神様が何か特別な力がある。

ちょっと信じられるようになってきたんじゃないでしょうか?

お母さん(神様)がどんな言葉を発するかでこの世は大きく変わる気がします。

 

「大丈夫!」

 

なぜかうまくいくようになるこの魔法の言葉を、ぜひ使って言ってほしいと思います。

 

名前

生後2ヶ月の赤ちゃんが高熱を夜中にだしました。

僕も「大丈夫」とよく言いますが、さすがにその夜はウロタエました。

だけど、

 

 

【こちらのブログの更新情報をメールでお知らせします】

メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着更新情報ををメールでお届けします。