始めるのに理由なんていらんでしょいるのはちょっとの遊び心

%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%ab%e7%90%86%e7%94%b1%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%89%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%af%e3%81%a1%e3%82%87

始めるのに理由なんていらんでしょ

いるのはちょっとの遊び心

≪Photo&Word&calligraphy:Masatoshi Kusakari≫

何かを始めるのに理由を考えていたら、その間は何も始まらないよね。

ほんでもって理由の答えはなかなか出てこない。

だからね。

 

理由なんて考えてわかるもんじゃないから、やってみてから考えればいいと思うんだ。

 

やっていったら、なんとなく人との出逢いや自分の変化で理由がわかってきたりする。

だから始めるのに理由はいらない。

いるのはその持っているちょっとの好奇心と冒険心と遊び心。

それだけ持ってまずははじめてみればいいんだよ。

きっとやっていくうちに理由はわかってくるからね。

 

コンセプト、計画書、マーケティング。

何かを始める時にこれらが大事だって誰もが言ってるけど。僕はどうしても苦手。

考えれば考えるほど、真の答えはわからなくて、時間だけが過ぎていっちゃう。

もちろん大事なものは大事だと思うんだけどね。

できない人は、まずは始めてから、やりながら考えればいいと思う。

迷いながら動くことで、明確な理由にたどり着いたりもするからね。

 

--------------------------------------------------
リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!

質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

 

草刈正年のプロフィールについては取材されたこちらの記事をご覧ください。kusa

 

草刈正年line@はじめました。ブログにない情報とどけます。

友だち追加