『ない』から『ある』へ

naiaru

 

『ない』から『ある』へ

 

何かを求める時、自分の心は『ない』という力が働き、得たい、入れたいという『欠乏』のエネルギーとなる。

でも。

たしかにないんだけど。

欠乏のエネルギーを使ったら欠乏になっていくだけ。

 

 

『ある』という『豊富』のエネルギー

だから、欠乏のエネルギーを使うことをやめて。

 

『ある』という力を働かせ、その『ある』ものを、あげたい、渡したい、出したいという『豊富』のエネルギーを使っていく。

 

ないんだけど(笑)

 

『いれる』よりも『豊富』のエネルギーを使って『出す』というところをしていく。

結果。

 

『あること』にして、『ない』ときから、『あるように』出していけば、ある自分になっていく。

 

わかるかな?

 

『入れて出す』人間の本質はこれだけ

2015.11.02

--------------------------------------------------
リブログ・シェア・転送・転載はご自由に。
自分が言ったかのように言っちゃってもオッケーだよ!

質問は随時コメントで受け付けてるよー。
※もらったメッセージは、ブログやメルマガで許可なく紹介しちゃうことがあるのでよろしく!

 

草刈正年のプロフィールについては取材されたこちらの記事をご覧ください。kusa

 

草刈正年line@はじめました。ブログにない情報とどけます。

友だち追加