前向きにあきらめる

maeakirame

「あきらめるな!」

「がんばれ!」

「がまんしろ!」

 

自分の限界を超えるには確かにこういう時も必要かもしれない。

でも。

その結果、自分が苦しみ、嫌がり、落ち込み、疲れ、苛立ち、嫌悪を覚えるならば。

それは今はがんばる時ではないのかもしれない。

 

僕は田舎に住みながら田んぼで米をつくっている。

『つくる楽しさと安心と幸せを得るためだ』

 

米は「八+十+八」と書いて米と読む。

 

88個の作業があることからついたという由来があるけど。

お米作りは自然にも左右され結構な労働が必要になる。

今年はまさに稲刈りでその大変な労働にみんなが四苦八苦している。

それは。

太陽が少なくて田んぼが乾かず機械が入らないということ。

 

我が家は稲の結束機を使って毎年稲刈りをしているけど。

計5回も機械が田んぼにはまり、機械を出すのに力を使い果たしてしまった。

まさにがんばった結果、自分を苦しめてしまった。

そこで。

 

あきらめた。

 

機械でやれば半日で終わるところを2日かけて手で刈り取る決断をした。

前向きなあきらめ。

その結果。

友達がみんな助けにきてくれた。

 

あきらめてもちがう方法がある

 

今執着しているそのがんばり

 

前向きにあきらめてみてはどうだろう

 

後ろ向きのあきらめは

やろうとしていることを何かのせいにしてあきらめる

 

前向きなあきらめは

やろうとしていることが何かのせいでできなくても

その方法はあきらめて

だからこそできる別の方法でまたやりはじめる

 

前向きにあきらめていこう

 

 

【こちらのブログの更新情報をメールでお知らせします】

メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着更新情報ををメールでお届けします。